春から準備を通していた保育園の席「夏季催し」それがなんとか終わりました

身には幼子が両者いらっしゃる。上のお子さんが年長になる今年度に役員においてしまいました。到底自分があてはまるはなんとなく力抜け。なぜなら役員は夏季のイベントです「夏季イベント」の戦法作業に携わらないといけないのです。そんなイベントに関わった主旨のない身は一体何をすればいいのか、まず最初に何をやるのかすらわかりません。他の役員くんも同じ環境だったので五里霧中で関わることになりました。便宜上前年の書類を見ながら夜店を決め専門も決めました。わからないことは園に確認したり、前年の役員くんに聞いたり…夏季イベント直前にははじめてシルエットになり、夏季イベント開始のめどがついてきました。ただし準備をしているまっ最中人間関係の面倒くささを思い知らされました。交流は住宅にいてもできるようにLINEによってしていましたが、むしろこれがわずらわしい。役員同士で不安を生む羽目になってしまいました。でも夏季イベントはやってきます。一体舞台ではどうなるのか心配していました。夏季イベント今日、前もって役員は準備や夜店の作業でバタバタしていらっしゃる。但し一緒に何かをやる、は協調しやすくなったので面白く夏季イベントを締め括ることができました。そういった喜びは久し振りだ。…それでも二度と役員はもっとやりたくありません(苦笑い)。私がくまを治した方法